読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クルックが相場の価格より安い値段♪

おすすめ
他の方の感想にもあるように!時計の長針と短針がきちんと連動して動く商品であることが購入の決め手です。時間のお勉強絵本だと思ったら一応ちゃんとしたお話です。カチカチと音がするのがおもしろいようです。

イマが買い時♪

2017年03月15日 ランキング上位商品↑

クルックはとのクルックのとけいえほん [ 立野恵子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

右にも左にもちゃんと回りますし!時間も読みやすくなってます。でもまだ3歳だし、どっちかというとまわして遊んでます。3歳の息子に購入しました。お話の最後に時計の絵と一日の生活の流れの絵があって私が時計の針を絵の通りに合わせ!息子が「これがおはようだね」「ごはんだね」「おやすみだね」と確認したりしています。本人曰く、「絵も可愛い〜」だそうです。息子は!これで時計を覚えました。甥(姉の息子)は5歳海外在住だけど、これまた食いつきがよかったようです。時計関連の本はいろいろ持っているのですが、いろいろな時計に慣れた後に買ったので良かったと思います。とはいえ子供は気に入っているようで何度も読まされます。赤い針と青い針で読む数字を区別するというのはとても考えられているなあと思います。時計の針は1分ずつカチカチと音を立てながら軽快に動きます。時計の長針は手でカチカチと1分単位で動かせ!短針は長針の動きに合わせて動いてくれます。友達へのプレゼントに選びました。本の内容は!2歳児でも楽しんで読めるものです。時計の針も!短い針は動かないようになっていて!ちゃんと!長い針が動くと!それにしたがって動きます。時計の作りもしっかりしています。朝からの時系列で1日をしめくくるような流れです。自分が子供の頃、こんなの欲しかったなと思う本。2歳の息子に購入☆本人はすごく気に入って『いま何時〜?』が口癖になってますwww分はまだだけど!時は読めるようになりました☆ただ時計の印刷がかすれていたのと長針がきっちりのとこで止まらないので面倒です…なので☆4つ!時計に興味を示し始めた3歳男児のために最初はおもちゃを探していました。説明へたですみません。反時計回りにしてしまうと!時間が戻る。本の内容はまぁ普通でしょうか。ただ…お話がイマイチかな…2歳の娘の為に購入。そんな時、こちらの商品の評判が良く、楽天ブックスさんに在庫があったので購入に至りました。当初はクルクルと短針も長針も構わずグルグルとやっていましたが!やはり正しい時間を・・・と思い購入しました。自分が子供の時にあれば親に怒られずに済んだのに・・(苦笑)でも!子供に教える時に時刻を適当にしようと思って!10時からおやつの3時にしたくても!11時!12時・・と長針をぐるぐる回さないと短針が進まず!時々いらいらしてしまう時も・・60進法と分の読み方を教える時はこちらの時計をオススメしますが!まずは時間の読み方を知って貰おう!という時は百均や手持ちの使わない時計でも良いかも知れないですね。これから長く使えるだろうというのと、下の子も後々使えるというので星5つです。いろいろある中迷いましたが!これでよかったかな?と思ってます。子供に購入しました。長針と短針の動きのつながりを理解出来るように作られています。子供と一緒に時間のお勉強を楽しみながらしようと思います。大型本で少し邪魔ですが!良書と思います。似たような商品を店頭で比較したり、レビューをみたりして選びました。でも気にいたので!息子にもう1冊購入予定です。2歳児にそろそろおおまかな時間を理解して欲しくて購入しました。5歳の娘が喜んで遊んでいます。本の紙は厚紙でとても丈夫。娘は就寝前に毎日開いています。フレキシブルに動く時計の本とは違い親の私は少し面倒に感じますが・・・・正しい動きを学ぶ上では良し・・・なのでしょうね。絵本も1日の流れがあり!後半は分も含んだお話になってます。他のは比べてないのでわからないけど、長い針が動くから時間が進む?というか、時計回り。それなりに遊んでいます。大きい絵本(30.5×21.5cm)なので持ち運びには不向き。時計って、教えるの以外に難しいですよね・・・お勧めの本です!。姉の息子にプレゼント。時間の概念を学ぶ上で大事なことだと思います。お話と時計で遊べる本。近隣の本屋でミキハウスポプラ社の同様の商品を扱っていて!いずれも甲乙つけがたかったのですが!クリスマス直前だったこともあり!どちらも見本品を残して品切れ状態(ネットでも品切れ)。ついていた時計の部分は意外と精巧に出来ており動きがスムーズです。 時計がすごく良いです。ぐるぐる回して針がおかしくなりますが!ちゃんと付け直すとちゃんと動いてくれます。ストーリーは多少気になる点がありますが!価格を考えると内容充実で満足です。5歳の私の息子に、始め見せたら、おもしろがってつかっていて、かなり食いつきが良かったです。届きました〜!絵がとてもひょうきんで!色彩のきれいな絵本です。絵はまんが昔話の絵のようで!私はわりと好きです。娘(1才7ヶ月)にはちょっと時期は早いのですが、時計に興味を持っているのと私がこの本に興味を持ったのとで購入。夕方以降の流れが速すぎるので夜ご飯やお風呂などもうちょっとページを使ってしっかり描いて欲しかったです。1.長針が動くと短針も連動すること2.長針の読み方(1〜59分)の目盛りがあること3.子どもが自分で針を動かせること上記3点全てを満たしたものを2点ほど見つけましたが!こちらの本はさらに一日の時間の流れが載っていたので悩んでこちらにしました。ということもわかります。すごくおすすめです。小学校入学を目前に、時計の見かたを練習中という幼稚園児へのプレゼント。今は「時計がこうなったらおやつにしよーね」見たいな感じで!少しずつなれていっているところです。カリカリと手応えのある時計の為、子供も針を合わせやすいみたいです。しいて言うならば!時計回り&反時計まわりで普通の時計と同じように動くようにできているので!話の終わりが8時!また読み始めれば6時。ページのお話に合わせて時計を動かしながら読む仕組み。時計のしかけが最後のページに付いていて、それが全部のページから見えるようになっています。カチカチと1分ずつ進むのがいいですね。我が家の子供は2歳。まぁ!すぐには時間を理解してくれないと思うので!気長にやります。そうこうしているうちに!時計もすっかり読めるようになりました。