読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代~60代の方へ!?おかあさんがセールに関係なしの安さ~!

小さい頃からとってもきかなくてわがままでやんちゃで、毎日毎日怒ってばっかりです。終わりの方涙が止まらず声出して読めなくなっちゃいました(>人<;)でもそんな私を見て娘が、わかってるよ。反省させられる本です。

3月15日 おすすめ♪

2017年03月15日 ランキング上位商品↑

おかあさんおかあさんだいすきだよ [ 宮西達也 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

更に、子供の大切さ自分のありかたを振り返らせてくれる一冊です。どんなに厳しく怒っても、しばらくすると「ママ、だぁーいすき!チュッ!」としてくれる3歳の息子ですが、その息子が上手に自分の気持ちを言葉にしたらこんな風なのだろうと思います。親のための絵本だと思います。子どもが大切な存在なのも分かっていても!こちらも人間。決して子供の事がきらいではないのですが!毎日何かと忙しい時に「早く!!」と言っていました。 イライラしたときや怒りすぎたなと思う時に是非!読んでもらいたいですね。子育ての原点に戻ろうと思います。でも!ママ大好きだよと笑顔で言ってくれる息子と重ねて涙がとまりませんでした。普段イライラ怒ってばかりで寝顔を見ていつも反省する私は迷わず購入。でも!子どもはお母さんが大好きなんだな!とこれを読むとほっこりします。理想の母親だけど!子どもの口調でやさしくまぁるく描かれている。良い内容だったと思いますので、おすすめです。5歳と1歳のママです。一度!読んであげると「今日も読んで〜!」と毎日おねだりしてくれました。ひとりではゆっくり読めない時でも息子が持ってくるので、本の内容(気持ち)は忘れることがないです。この本を読んで号泣でした。我が家の宝物になりました。自己主張が激しくなってきた息子を厳しく怒り、さらにエスカーレートして怒鳴ってしまったり叩いてしまったりの最近。お母さんが読むのももちろん、お子さんも読んで、お互いに歩み寄れるような素敵な本です!子供の「そうそう!」と親の「そうそう!」がたくさん詰まった本です。健気な伝え方がより心に響く。あぁ!いつもこんなこと言っちゃってるなと言うことがほとんど。3歳と4歳の女の子がいます。3歳男の子の母です。親の目線と子供の目線をストレートに書いていて 子供に読んであげたい!自分もまた読みたい!とすぐに注文しました。子供と親の大好きがぎゅッとつまった1冊です。どんな母親でも好きなんだと伝わる。子供にはそんなに心に響かなかったみたいですが、読みながらレビュー通り、私が泣けました。お気に入りの絵本についかです!買ってよかった!いつも忙しいママだから イライラしてしまって怒ってばかりでごめんねと子供に思う毎日 図書館で借りてみて感動し、この本を読んで反省しながら心を改めるつもりで購入しました。 読んでいると泣けてきます子どもの読み聞かせに買いましたが、読むと反省することばかり。絵本からも私の気持ちが伝わるといいなと思い購入して読んでみました。そんな自分を含めて、子どもを抱きしめてあげたくなる絵本。目の前のこと!毎日のことでついイライラや腹を立ててしまうこともしばしば。育児本を探していた時、タイトルに惹かれレビュー評価をみて購入しました。24時間365日休みなしの育児。抱きしめたくなります!ネットで子育ての悩みで調べていたところ、たまたま見つけた絵本。子供の事は大好きなのについつい怒ってしまうお母さんにお薦めです。こんなに叱っても!慕ってくれるのは何でだろう…叱ってばかりでごめんね。そんな気持ちにしてくれる本でした。評判を聞き気になってました。いつまでも大切にとっておきたい一冊です。日々、この本のような生活で最後まで読むとイライラした気持ちがリセットされます。もうすぐ4歳の子供に読み聞かせ、読んでるうちにたくさん考えてしまいました。読みながら涙がこぼれました。持ってきては!ページをいくらかめくっておしまいの絵本。この本の内容を思い出して、少し優しい気持ちで接する事が出来るようになりましたが、思い通りに動いてくれないとつい言ってしまう事があるので、本の内容を忘れないために購入しました。とってもオススメです!!もうすぐ赤ちゃんが生まれる妻へのプレゼントで購入しました。最近叱ることが多く…でも寄る寝る前にはぎゅーして大好きだよ!って。怒らないでできないこともある。。とんがってしまった気持ちが優しくなれる、お母さんにもおすすめの本だと思います。保育園の参観日で園長先生が読んでくれました。子どもを抱きしめたくなる絵本と書いてありました。 大変な育児中ですが、、この絵本は大変さを忘れさせてくれました。とても大切にしたい本の一冊になりました!仕事で使う予定ですが。自分が疲れていて、ネットで内容を見た時にボロボロ泣けてしまいました。どこの家庭でもある子供と親が日常的に感じたり思ったりする内容を本当に素直に分かりやすく書いていて「そうなんだよなぁ、わかっているのについ言い過ぎちゃう!」「子供だってそうだよなぁ」と心にすんなり入ってきて涙がとまりませんでした。ままだいすきだよといってくれて、さらに涙。自分にと購入したのに!1歳の息子がよく引っ張りだしては読んでと持ってくる絵本。子供の為の絵本というより、私の為の絵本!昨日届いて3回ほど読みましたが何回でも涙がでてきます。ある方の講演会で朗読してもらった時!涙があふれました。最後には「私もそうなんだよ!」とホロリと涙が出てきました。分かってるんだけどついすぐに叱ってしまう自分。お母さんの為の絵本っていう感じです。